借金が返済できなくなったときの救済処置

借金のイメージ

借金が返せなくて苦しんでいる人は少なくありませんが、その一方で、借金を整理することで楽になれることは実はあまり知られていないのが実情です。

 

借金が返せなくなってどうしようもなくなったとき、最もよく知られている借金を整理できる方法が破産です。

 

破産というと私たち日本人にとっては、よくないイメージを持ってしまいますが、実はそれは必ずしも正しい認識ではありません。破産は、借金の問題から私たちを救ってくれる大変重要な制度で、破産することによってまた位置からやり直すチャンスを与えられることを意味するからです。

 

そのため欧米では、事業がうまくいかなくなって破産をした人であっても、事業を始めるときはに、また新たにお金を借りることができる貸し手がすぐに出てくるという社会インフラが整っています。

 

国民のほとんどは、意破産に対してネガティブなイメージを持っていないのが欧米です。特に事業で失敗、ということにたいしては、理由にもよりますが、積極的にバックアップするのが社会の役目という意識を持っているように思えます。

 

日本ではなかなかそういう風になるのは難しいですが、一人で借金の問題で悩むより、すっぱりと借金を整理して出直すという心構えも非常に大切になってきています。